catch-img

【中編】Python入門ガイド、初心者向けにわかりやすく解説~Pythonを学ぶメリット~

この記事は【前編】に引き続き、Pythonの概要や多くの人が学ぶべきメリットについてまとめています。【前編】はコチラから。

【中編】では、エンジニアやビジネスパーソン、大学生の方々が、それぞれの立場においてPythonを学ぶメリットについて解説します。

目次[非表示]

  1. 1.エンジニアにPythonがおすすめの理由
  2. 2.ビジネスパーソンがPythonがおすすめの理由
  3. 3.大学生にPythonがおすすめの理由
  4. 4.Pythonの需要と将来性

エンジニアにPythonがおすすめの理由

エンジニアがPythonを学ぶ理由として、まずは汎用性の高さが挙げられます。応用範囲が広いため、現在の開発分野にも活用できるかもしれません。

エンジニアとしてさらなる飛躍を目指すなら、AIやデータサイエンスといった最先端の分野で活躍できる可能性が生まれます。機械学習エンジニアやデータサイエンティストといった職業は高収入が望めることもあり、すでにその需要は多くな、今後も発展していく職種であると考えられています。国内ではまだPythonエンジニアの数が十分でないため、エンジニアがPythonを学ぶなら今が大きなチャンスであると言えるでしょう。

ビジネスパーソンがPythonがおすすめの理由

ビジネスパーソンの方は、スキルアップのためにPythonを学んでみてはいかがでしょうか。AIエンジニア等の専門職種でなくとも、Pythonのスキルは大きく役立てることができるはずです。

例えば、業務効率化につながる自動化プログラムを作ることで、生産性向上につなげられる可能性もありますし、スクレイピングやデータ分析によって現状の課題を把握し、競合他社の分析を行うこともできます。このようなスキルをもったビジネスパーソンは市場価値が高く、転職でも有利になるでしょう。

Pythonはシンプルで可読性が高く、学習しやすい言語です。ビジネスパーソンのみなさん、ぜひチャレンジしてみてください。

大学生にPythonがおすすめの理由

大学生のうちにPythonを習得しておくことは大きな意義があります。

プログラミングの習得にはある程度時間がかかります。そのため、まとまった時間のとれる大学生のうちに習得しておくことは、今後のためにも有利でしょう。

データ分析や自動化といったスキルは大学での研究を始め、課題に取り組む際や、場合によっては勉強以外の雑務にも役立ちます。

もちろん、学習したスキルを活かしてエンジニアになれる可能性もあります。就職活動において、一つの武器になりえるでしょう。将来の選択肢を増やす意味でも、Pythonを学ぶことはおすすめです。

Pythonの需要と将来性

Pythonは、現状でも多くの需要があり、最先端の技術にも使用されている言語です。AIやデータサイエンスといった分野は今後も成長・拡大を続けていくことが見込まれています。

今後成長していく分野で利用されているPython。世界的に人気のある言語で将来性は高く、日本における需要もこれから増え続けていくでしょう。


アイデミープレミアムプランでは、Pythonに特化したプログラミング学習サービスを提供しており、転職サポートも行っております。

「機械学習・ディープラーニングに興味がある」

「AIをどのように活用するのだろう?」

「文系の私でもプログラミング学習を続けられるだろうか?」

少しでも気になることがございましたら、ぜひお気軽にアイデミープレミアムプランオンライン無料相談会にご参加いただき、お悩みをお聞かせください!

このほかにも、Aidemy MagazineとTwitter(@aidemy_pp)ではたくさんのAI活用事例をご紹介しています。どちらも要チェック!